-IoT時代におけるキーデバイスとなるRFIDを塗布製造で実現-
化学繊維で有名な某企業がIoT時代において必須ともいえる
通信距離の長いICタグであるUHF帯RFID等の高機能デバイスを、
塗布技術により安価に製造できる可能性を世界で初めて示したそうです。
RFIDタグ単価の相場ですが「10〜15円とまだ高価」な為、小売りや物流の業界でニーズの強い使い捨てにできる用途は限られてきました。
ところがRFIDタグが“印刷”されたフィルムを商品の
包装に使う応用が考案され安価な印刷工程により
桁違いの低価格化が見込めると予想されます。

 

RFIDタグの単価を大規模量産時に1円未満に引き下げ、

「ほとんどの商品で使い捨て可能にしていく。」

2,3年前に当社でもRFIDタグに関連したデジタルサイネージ、

データ分析の自社開発を実現し大手量販店、小売店にて実証実験を行ってきました。

高価なタグが安価で身近になり普及してくれることで増々便利な世の中になりますね。

研究開発の進化って…。