ー IoT 技術 ー ◆◇ビーコンと iBeacon ◆◇

 

Beaconとは?

Beaconには、のろしとかかがり火という意味があり、
「位置と情報を伴った伝達手段」
Beacon=iBeaconと考えている人も多いのですが、iBeaconだけが「位置と情報を伴った伝達手段」というわけではないありません。

Beaconにはどんなものがあるの?

・雪崩ビーコン
・VICSとビーコン
・無線LANのBeaconパケット
・WEBビーコン
・iBeacon
そこで、iBeaconの具体的な活用法の例ですが…

◇ロケーションに応じたメッセージ配信

店内の特定の売り場エリアにいる買い物客に対してカスタマイズされたメッセージを送ることによって、店舗全体を対象にしたWi-Fi、GPSを利用した広告以上の効果が期待できます。

◇店内広告配信

◇商品の追加購入のはたらきかけ

 

◇消費者の購買傾向を分析

◇場所を選ばずに消費者と繋がる

◇データ収集・管理  ……など

GPSと低周波Bluetoothを活用し、スマートフォンやタブレット利用者に近隣エリアの情報を送信し、特に小売販売店にとっては新しい可能性をもたらすものとして注目を浴びています。この機能を活用することで、小売業者としては買い物客により個人的なサービス提供やこの機能を使う事でオンラインと実店舗の間に存在する「ギャップ」も斬新な方法で埋めることが可能となり、コストを低く抑えられるのも魅力です。
….つづく

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA